So-net無料ブログ作成

アルミテープ・チューニングやってみようかな(その1) [クルマ]

 
アルミテープ・チューニングっていうのが
巷で評判になっているけど、
あれどうなんですかね?
 
 2017010701.JPG
 
樹脂に帯電した電気を
アルミテープを通して放電して
空気の流れをスムーズするという
効果が謳われるけど。 
 
ほんとは効き目はないんだけど
効果が出ているような気になってしまう 
プラシーボ効果
とも言われているしね。
 
アルミテープを貼るだけって
書いてあるけど、テープの粘着部分は電気を
通さないから導電性のあるものがいいとか。
別にそんなんじゃなくてもよいとか。
どっちなんだろうね~。
 
実際に効果があったとしても
その理由は、静電気の奥の深~い話が
あるんだろうね~。 
 
樹脂自体は帯電するけど、
電気は流れないんじゃなかったっけ。
導電性のあるアルミテープを介して放電ができたとしても 
テープを貼った部分だけ部分放電になる?
 
何か良いことがあるんだろうか?
と思ってしまうけど、気軽に試せそうなだし、
試験的やってみようかなと思い、
作ってみた。
 
アルミテープはダイソーで買っておいたものを使う。
気になる粘着面に導通があるかどうかテスターで
確認した導電性は無いことがわかった。
 
電気を流すということなので
導電性はあった方がいいだろうと思い、
テープの両端1cmほど折り返し、
その両端の面がちゃんと接触するように
両端部分を重ね貼りする構造にしてみた。 
 
2017010702.JPG 
 
放電はエッジがあったほうが良いというようなので
ホームベース型にカットしてみた。
その形はどなたかがやっていたのを参考に
させていただきました。 
 
はてさて、どこに貼るかな。
 
エアクリーナーからエンジンまでの空気が流れるところ
(なんていう部分か名前忘れた)
に貼り付けてみるかな~。
 
貼った結果(体感)については、また後日。 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0